株式市場において株価指数というのは全体の値動きを見ていくことができます。
くりっく株365などでも採用されていますが、数々の銘柄における株価を産出していきます。
継続的に行っていくことによって、株価指数は公表されていきます。
市場全体における株価水準をチェックしていく際に活用されますが、株価平均型であったり時価総額加重型といった手法で算出されます。

株価指数というのは現在、世界各国で利用されています。
各国の現在の経済状況を把握していく上で、重要な情報として活用しています。
さらにインターネットでチェックする時、色々な指数を見ていくことができます。
変動状況であったり、時間的な推移によって株価指数を把握できます。
この指数を活用して投資を行うこともできますので、資産運用に利用していきましょう。
ベンチマークにも利用されていますが、パフォーマンスにおける基準とする投資が多いのも特徴的です。

そんな中でくりっく株365というのは、別名で取引所株価指数証拠金取引といわれています。
証拠金取引はレバレッジを気にしながら投資を行っていくことが重要です。
少額資金より投資をスタートすることができる、株価指数CFDとして投資することが可能です。
レバレッジは店頭株の場合は、10倍に上限が規制されています。
一方でくりっく株365ではレバレッジが20倍から30倍程度となっています。
価格変動で見直しが毎週行われるので倍率は幅があります。
このレバレッジを把握しながら投資することによって、予想以上の利益を見込めるでしょう。

しかし高いレバレッジとなると、リスク管理もシビアになりますので注意しましょう。
資金効率が高いとレバレッジを利用して利益を狙っていくことができます。
しかし莫大な利益を狙う時もあれば、大きな損失を出すケースもあります。
高いレバレッジをどのタイミングで生かしていくか、取引枚数をバランスよく増減しながらリスク管理していきましょう。

Posted in 株価指数

リスクを回避するために分散投資は非常に重要ですが、経済関連の指標を活用しながら投資先を判断していくといいでしょう。
株価指数などにも大いに反映されますので、しっかりと投資を行う際に活用しなければなりません。

経済指標は国内の現在の景気であったり経済について関連している指標となっています。
国内指標ともいわれることがありますが、日本では主に日経平均株価やTOPIXなどといった指数などになります。
GDPや機械受注などといった指標もありますが、これも経済指標の一種です。
そんな経済指標における株価への影響というのは、大きな動きが発生すると株式の市場が反応します。
主な経済指標だと消費動向であったり業種別の売り上げ高、さらに企業への雇用状況であったり設備投資の状況などがあります。
景気や経済といった判断基準が株価に対して影響を与えていきます。

経済指標の発表を受けた後で、どのように株価が反応していくかがポイントとなります。
これは株価だけでなく、コモディティや債券などに大きな影響を与えていきます。
プラスとなっていると株価が上昇していきますが、マイナスであれば逆に動いていきます。
特に気にしないといけないのは、企業などの前期や前月などの数値や最新数値と市場を予測していく数値があります。
市場予測数値は特に要注意で、個別のアナリストの内容も参考にしていくことがあります。
経済指標についてマイナス数だとしても、事前の市場に関する予測がマイナスとなっていると、株価へ織り込み済みかどうかで影響が少なくなることがあります。
プラスであれば影響はほとんどないでしょう。

市場予測が大きくズレてしまうと、株価が大きく動いてしまう可能性も秘めています。
良い方へ動けばポジティブサプライズといわれ、悪い方だとネガティブサプライズという表現になります。
発表日や時間を把握しておき、主要となっている経済指標を見過ごさないようにしていきましょう。
分散した投資へも生かしていくことができるでしょう。

Posted in 株価指数

皆さんは「インデックスファンド」って何だかご存知でしょうか?
投資を行っていない人でも耳にしたことがある日経225、TOPIXなどがありますが、ベンチマークと言われている日経平均株価などの株価指数と似た動きをする運用成績を目指す投資信託ファンド=投資信託の事です。
因みに、インデックスファンドのインデックスには指標という意味が込められています。

投資の手法には株価に似た動きを目指し、運用を行う“インデックス運用”と、ベンチマークや市場価格を上回るリターンを狙う“アクティブ運用”があります。
主なインデックスファンドは先にも述べた日経225及び日経225mini、TOPIX、MSCIコクサイなどがあります。

日経225は日経平均株価の1000倍が最小単位として運用を行うことが出来、日経225miniはその1/10 である。日経平均株価の100倍より運用を行うことが可能です。
日経225とは、東京証券取引所一部上場している銘柄の中から日本経済新聞社が日本の代表的な企業225銘柄を選出し、その平均値を15秒毎に公表しているもので、一般企業が好評しているものではありますが、日々のニュースや公的機関でもこの指標を使用するなど、広く一般的に運用や参考にされている物ですので馴染みがあるのではないでしょうか。

TOPIXとは東京一部上場の全銘柄の平均価格を東京証券取引所が公表しているもので、この動きに似た動きを目指し、運用を行っています。
日経225が一部上場企業の中の一部という事に対して、こちらは全銘柄の動きに連動しているため、日経225よりも分散効果は高いと言われており、ベンチマークにより近い事が特徴となっています。

そしてMSCIコクサイですが、これは日本を除いた世界主要22か国を対象とした“モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル”が算出し、公表している指数の事になります。

一般的な株に投資を行う場合には株の銘柄比較して、どの銘柄を購入し、資産を運用するかという事を自分なりに選ばなければいけませんが、インデックスファンドの場合は株そのものではなく、対象となっているものが異なりますが、それぞれが平均株価に対して資産運用を行うため、比較的初心者が取り掛かりやすい金融商品といえます。

Posted in 株価指数CFD

証拠金を業者に預託して、原資産(国内外の株価、商品など)を差金決済による売買で取引を行う金融商品を、差金決済取引(CFD)と言います。
その中にはFXも含まれるのですが、それ以外のものを差金決済と言うようです。

CFDの中には、株価指数が取引対象のものもあります。
日経平均株価、イギリスのFTSE100、ドイツのDAX、アジア圏の株価指数などが取り扱われており、自分が興味を持っている国に直接投資をすることができるということが特徴です。
しかもCFDの場合は為替レートではなく株価指数が対象ですから、分かりにくい仕組みはありません。
むしろ非常にシンプルな取引であることから、初心者にもおすすめの投資という専門家もいるほど。

少ない資金から取引ができるということや、通常の投資は「買い」からのスタートですがCFDなら「買い」「売り」どちらからでも始められること、さらにほぼ24時間取引ができるということで日中忙しい方でもライフスタイルに合わせた取引が可能なことなどもCFDのポイントです。
もちろんレバレッジを効かせた取引をすれば、最大で30倍程度も取引額を大きくすることもできるので、より投資の幅が広がることでしょう。

株価指数CFDを取り扱っている証券会社もどんどん増えてきていますので、サービス内容や手数料などで選んでみてもよいと思います。
その際にはしっかりとリサーチをして、あなたにとって一番最適なところを選んでくださいね。

Posted in 株価指数

女性のみなさんの中で、投資に興味がある方はいらっしゃいませんか?
なんとなく「投資=男性がするもの」、というイメージがあると思うのですが、最近では女性トレーダーも増えてきているんですよ。
入門書的なサイトを知りたいという方のために、おすすめのサイトをご紹介したいと思います。

それは、『株初心者.net』です。
こちらのサイトは5年前に株式投資を始めたという28歳の女性が作成しており、女性目線でのコラムが非常に読んでいて興味深く面白いと感じました。
また、投資のサービス内容の概要や株の歴史、さらに株式投資のメリットや魅力といった役立つコラムが充実していることもポイントと言えるでしょう。

そして、私が何より注目したコラムは、「株のリスクと注意点」というもの。
ふつう、株式投資の初心者のためのサイトにこのようなネガティブなコラムが書かれていることはまずありません。
ほとんどが良いことだけで固められたサイトのはずです。
ですが、このサイト作成者の女性は株のリスクをしっかりと丁寧に説明しており、万が一のことを想定しやすくしてくれていることがとても親切だと思いますね。
株式投資に発生するリスクを知ることで、回避にもつながる、そう思えば読む価値があると感じるはずです。

他にも読んでいて面白い切り口のコラムがたくさんありましたので、ぜひ一度アクセスして内容をご覧ください。

Posted in 株価指数

株式投資に興味があるけれど、仕事が忙しい・家庭の事情などで常に株価を確認することが難しい。
初めてだから、高額な資本金を用意できない。

このような人に人気が高まっているのが「日経225先物」です。
日経225先物とは、簡単にいえばあらかじめ予約をして株式の売買をする方法です。
例えば翌日の11時にA社の株を1枚購入する…と言ったことです。
これならば、忙しい人でも取引時間を自由にあらかじめ設定できますし、自由に株の売買ができますよね。

しかし、これの何が注目されているのか?と思う方もいるでしょう。
実は日経225先物は、予約した時点の価格で取引できるという特徴があります。
例えば今A社の株が1枚1000円で翌日11時に1枚購入するとします。
翌日11時の時点で1枚1050円になっていたとしても、日経225先物で購入しているので50円得して株を手に入れることができます。

しかし気をつけてほしいのが、日経225先物は平均株価指数の1000倍であるということです。
日経平均株価が一万円だとしたら、その1000倍の1000万円の投資資金が必要となります。
こんなにお金がない!という初心者の方でも大丈夫ですよ。
先物取引の場合は、証拠金を証券会社に預けておけば売買ができます。
証券会社にもよりますが、1000万円ならば50万円程度あれば大丈夫です。

先物取引のメリットは理解していただけたでしょうか?
50万円で1000万円の株式投資ができると思うと利用しやすい・利用が怖いと感じ方はそれぞれでしょう。
まだ金額が大きいと感じる方は、最低取引単位を10分の1にした日経225miniというものもあります。
そちらに挑戦してみてもいいかもしれませんね。

Posted in 株価指数

CFD(差金決済取引)の基礎をご説明したいと思います。

CFDが最近注目されている理由のひとつに、「取引対象となる銘柄が多い」ということが挙げられることが多いです。
それぞれの種類と、対象となる取引の概要を記載しています。

・株式CFD;国内および国外の株式の値動き
・株価指数CFD;国内および国外の株価指数の値動き
・株価指数先物CFD:国内および屋外の株価指数先物の値動き
・業種別指数CFD;国内および国外の業種別位数の値動き
・商品先物CFD;海外の商品先物の値動き
・商品現物CFD;海外の商品現物の値動き
・債券CFD;国内および国外の国債の値動き
・外国為替CFD;海外の為替の値動き(FX)

実に対象となる商品は十万件以上!
株式CFDだけでも国内外合わせて数千の銘柄の中から探すことになることも特徴ですね。
また、これらの中でも特に人気が高いCFDは日経225やNYダウが対象となる株価指数CFDとのこと。

ちなみに、商品に関するCFDは金や原油、プラチナなどなどが対象となります。
これらの投資対象を、直接売買するのではなく差金による取引で利益を上げていくというものです。

また、CFD取引をするにはCFD取引業者と直接取引を行います。
取り扱っている業者はどんどん増えてきていますので、サービス内容や手数料などを比較しながら決めるとよいでしょう。

Posted in 株価指数

株価指数を対象としている取引で資産運用を目指したい方におすすめなのは、「インデックスファンド」です!
非常にシンプルな構造となっているので専門知識はそれほど必要とせず、さらにファンドの状況をリアルタイムで知っている必要もありません。
つまり、こまめなチェックを求められないので忙しい方や空いた時間に効率よく取引をしたいという方にもってこいの運用と言えるでしょう。
日々ニュースで報道されている日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)さえ把握しておけばOK!
興味深いと感じた方も多いと思います。

とある証券会社のサイトによりますと、インデックスファンドには以下のような魅力がありました。

●銘柄選びの手間が少なくてよい

株式投資を経験したことがある方はご存知だと思いますが、どの企業の銘柄にしようか決めるのは非常に時間がかかります。
なぜなら、数千もある銘柄の中から決めるため。
何を基準に選べばよいのか、自分の中で決めていないと非常に大変です。
一方でインデックスファンドは株価指数と似た動きをするシンプルな商品。
サクッと投資先を決められるので便利ですよ。

●購入時の手数料が無料

商品を購入するときの手数料がかかりません。
気軽に始められやすい要因ともいえるでしょう。

Posted in 株価指数