CFD(差金決済取引)の基礎をご説明したいと思います。

CFDが最近注目されている理由のひとつに、「取引対象となる銘柄が多い」ということが挙げられることが多いです。
それぞれの種類と、対象となる取引の概要を記載しています。

・株式CFD;国内および国外の株式の値動き
・株価指数CFD;国内および国外の株価指数の値動き
・株価指数先物CFD:国内および屋外の株価指数先物の値動き
・業種別指数CFD;国内および国外の業種別位数の値動き
・商品先物CFD;海外の商品先物の値動き
・商品現物CFD;海外の商品現物の値動き
・債券CFD;国内および国外の国債の値動き
・外国為替CFD;海外の為替の値動き(FX)

実に対象となる商品は十万件以上!
株式CFDだけでも国内外合わせて数千の銘柄の中から探すことになることも特徴ですね。
また、これらの中でも特に人気が高いCFDは日経225やNYダウが対象となる株価指数CFDとのこと。

ちなみに、商品に関するCFDは金や原油、プラチナなどなどが対象となります。
これらの投資対象を、直接売買するのではなく差金による取引で利益を上げていくというものです。

また、CFD取引をするにはCFD取引業者と直接取引を行います。
取り扱っている業者はどんどん増えてきていますので、サービス内容や手数料などを比較しながら決めるとよいでしょう。

Posted in 株価指数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>