証拠金を業者に預託して、原資産(国内外の株価、商品など)を差金決済による売買で取引を行う金融商品を、差金決済取引(CFD)と言います。
その中にはFXも含まれるのですが、それ以外のものを差金決済と言うようです。

CFDの中には、株価指数が取引対象のものもあります。
日経平均株価、イギリスのFTSE100、ドイツのDAX、アジア圏の株価指数などが取り扱われており、自分が興味を持っている国に直接投資をすることができるということが特徴です。
しかもCFDの場合は為替レートではなく株価指数が対象ですから、分かりにくい仕組みはありません。
むしろ非常にシンプルな取引であることから、初心者にもおすすめの投資という専門家もいるほど。

少ない資金から取引ができるということや、通常の投資は「買い」からのスタートですがCFDなら「買い」「売り」どちらからでも始められること、さらにほぼ24時間取引ができるということで日中忙しい方でもライフスタイルに合わせた取引が可能なことなどもCFDのポイントです。
もちろんレバレッジを効かせた取引をすれば、最大で30倍程度も取引額を大きくすることもできるので、より投資の幅が広がることでしょう。

株価指数CFDを取り扱っている証券会社もどんどん増えてきていますので、サービス内容や手数料などで選んでみてもよいと思います。
その際にはしっかりとリサーチをして、あなたにとって一番最適なところを選んでくださいね。

Posted in 株価指数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>