皆さんは「インデックスファンド」って何だかご存知でしょうか?
投資を行っていない人でも耳にしたことがある日経225、TOPIXなどがありますが、ベンチマークと言われている日経平均株価などの株価指数と似た動きをする運用成績を目指す投資信託ファンド=投資信託の事です。
因みに、インデックスファンドのインデックスには指標という意味が込められています。

投資の手法には株価に似た動きを目指し、運用を行う“インデックス運用”と、ベンチマークや市場価格を上回るリターンを狙う“アクティブ運用”があります。
主なインデックスファンドは先にも述べた日経225及び日経225mini、TOPIX、MSCIコクサイなどがあります。

日経225は日経平均株価の1000倍が最小単位として運用を行うことが出来、日経225miniはその1/10 である。日経平均株価の100倍より運用を行うことが可能です。
日経225とは、東京証券取引所一部上場している銘柄の中から日本経済新聞社が日本の代表的な企業225銘柄を選出し、その平均値を15秒毎に公表しているもので、一般企業が好評しているものではありますが、日々のニュースや公的機関でもこの指標を使用するなど、広く一般的に運用や参考にされている物ですので馴染みがあるのではないでしょうか。

TOPIXとは東京一部上場の全銘柄の平均価格を東京証券取引所が公表しているもので、この動きに似た動きを目指し、運用を行っています。
日経225が一部上場企業の中の一部という事に対して、こちらは全銘柄の動きに連動しているため、日経225よりも分散効果は高いと言われており、ベンチマークにより近い事が特徴となっています。

そしてMSCIコクサイですが、これは日本を除いた世界主要22か国を対象とした“モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル”が算出し、公表している指数の事になります。

一般的な株に投資を行う場合には株の銘柄比較して、どの銘柄を購入し、資産を運用するかという事を自分なりに選ばなければいけませんが、インデックスファンドの場合は株そのものではなく、対象となっているものが異なりますが、それぞれが平均株価に対して資産運用を行うため、比較的初心者が取り掛かりやすい金融商品といえます。

Posted in 株価指数CFD