リスクを回避するために分散投資は非常に重要ですが、経済関連の指標を活用しながら投資先を判断していくといいでしょう。
株価指数などにも大いに反映されますので、しっかりと投資を行う際に活用しなければなりません。

経済指標は国内の現在の景気であったり経済について関連している指標となっています。
国内指標ともいわれることがありますが、日本では主に日経平均株価やTOPIXなどといった指数などになります。
GDPや機械受注などといった指標もありますが、これも経済指標の一種です。
そんな経済指標における株価への影響というのは、大きな動きが発生すると株式の市場が反応します。
主な経済指標だと消費動向であったり業種別の売り上げ高、さらに企業への雇用状況であったり設備投資の状況などがあります。
景気や経済といった判断基準が株価に対して影響を与えていきます。

経済指標の発表を受けた後で、どのように株価が反応していくかがポイントとなります。
これは株価だけでなく、コモディティや債券などに大きな影響を与えていきます。
プラスとなっていると株価が上昇していきますが、マイナスであれば逆に動いていきます。
特に気にしないといけないのは、企業などの前期や前月などの数値や最新数値と市場を予測していく数値があります。
市場予測数値は特に要注意で、個別のアナリストの内容も参考にしていくことがあります。
経済指標についてマイナス数だとしても、事前の市場に関する予測がマイナスとなっていると、株価へ織り込み済みかどうかで影響が少なくなることがあります。
プラスであれば影響はほとんどないでしょう。

市場予測が大きくズレてしまうと、株価が大きく動いてしまう可能性も秘めています。
良い方へ動けばポジティブサプライズといわれ、悪い方だとネガティブサプライズという表現になります。
発表日や時間を把握しておき、主要となっている経済指標を見過ごさないようにしていきましょう。
分散した投資へも生かしていくことができるでしょう。

Posted in 株価指数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>